FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

70日:クラウドソーシングでモヤモヤすること

Webライターの仕事
06 /09 2017
4月から在宅ワークになってクラウドソーシングで仕事していますが、外で働いていた時よりもストレスは大幅に減りました。

しかし、クラウドソーシングは顔の見えない取引なので、外で働いていた時よりも仕事のやり取りが雑です。

最低限のコミュニケーションというか必要事項を伝えてくれない人が少なくありません。

なかには「会社で人に仕事を依頼するときどうしてるの???この人コミュ障なの??(゚д゚)」と思う人もいます。

私が仕事をするうえで「最低限のことじゃね。コノヤロー(*`皿´*)ノ」と思うのは、

・納期
・成果物のファイル形式(Word、テキストなど)
・SEOで狙うキーワード
・ターゲット or 掲載サイト
・NG事項(固有名詞不可、否定表現不可、比較表現不可など)
・契約同意ボタンを押さない


すら伝えてくれない、やらないクライアントも少なくありません。

掲載サイトが分かれば記事の方向性やターゲット、分かるので、その辺は大丈夫です。

記事の構成案や見出し案はなくても全然大丈夫です。むしろ下手に細かく指示されると却って仕事がやりづらいぐらいです。

もちろん、何の指示もないときはこれらのことを私から質問しますよ。

だけど、指示する側も最低限必要なことは伝えてほしいです。

何の指示もなく後出しの修正依頼は非常に迷惑です。

ライターは1本○円でやっていて時給で仕事をしているわけではありません。

修正はお金にならないので、

・主旨に反した内容
・事実確認がとれない
・間違った情報
・日本語がおかしい
・誤字・脱字、表記がちがう


以外のことで修正依頼を出してほしくないと思うライターさんって多いんじゃないですかね。

NG事項があれば先に伝えてほしいです。

修正依頼を出すのも正直無駄な時間だと思うんですけどね?その辺は発注側はどう思ってるんでしょうかね?

何も考えてないんですかね??

もちろん、発注するクライアント側にも

・コピペするな
・レギュレーションをちゃんと読め
・返信がない
・納期を守らない
・雲隠れするな


など色んな言い分もあるかと思います。

だけど、ライターに発注する際の仕事の指示というかディレクションがちゃんとできない人が意外と多いなというのが正直な感想です。

去年の1月~6月に一時的にクラウドソーシングを使って仕事をしていた時は、仕事の指示が雑だと感じるクライアントはほとんどいませんでした。

おそらく、私がクラウドソーシングの事務局公認アカウントと呼ばれるクラウドソーシング側で審査を受けたクライアントとメインでやり取りをしていたからだと思います。

私は事務局公認アカウントのクライアントのライティンググループに所属しております。

このライティンググループは文字単価2円以上の案件が多かったので、去年の1~6月に在宅ワークをしていたときは、8割以上ここから仕事をもらってました。

ザグーワークスは空いている時にやる感じでした。

事務局公認アカウントのクライアントは納期も余裕をもって設定してくれたし、質問のレスも早いし、レギュレーションも明確でした。

そのため、非常に仕事がやりやすかったです。

クラウドソーシング初心者だったので、「ネットで言われるほどクラウドソーシング悪くないじゃん(゚∀゚)」と思ってました。

しかし、去年12月のDeNAのWelqの件で、このライティンググループの仕事は減り、文字単価も1円に落ちました。

なので、空いてる時に2~3本受ける程度です。

ザグーワークスメインだと文字単価が1円よくても1.5円と低いので、クラウドワークスで色々と探したり、PVモンスターに手を出したりしています。

最初に良いクライアントにあたったせいか、最近モヤモヤすることが多いのでしょう。

会社員と違ってイヤだなあと思ったら、区切りの良いところで契約を解除できるのでクラウドソーシングの方がストレスなく仕事できることに変わりありません。

何の仕事をしても100%の満足はあり得ないので、今後色々と問題が出てくるかもしれません。

愚痴っぽくなりましたが、皆様よい週末を(´∀`*)


◆6/9のお仕事:ザグーワークス=3000 円
◆6月の月収ノルマ:11万円
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。