FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

111日:若い女子向けの文章はとても苦手な私

Webライターの仕事
07 /20 2017
私は女のくせに10代前半から20代半ばの女性に向けた恋愛・ビューティ・ライフスタイル系の記事を書くのがとって苦手です。

貴重な20代を干物ってた私は特にデートスポット系や彼とのラブラブ大作戦的な記事は私にとって鬼門です…。

20代のときは女友達とオサレスポットというかデートスポットいきましたけど、ラブい雰囲気じゃなかったからなあ~。

いまいち感情移入できません。

そもそも、私は若い時よりオサレスポットよりも神社とか城など渋い観光スポットに行くことのほうが好きなのです。

10代のころから「落ち着いている」、悪くいえば「ノリ悪くね?」といわれておりました。

あんまりキャピキャピしてないテンションの低い若者だったのです。

東京に住んで20年近くたちますが、いまだにディズニーランドで遊んだことがありません。

このことを人に話すと「ええ~マジで(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)」とかなり驚かれます。

ディズニーランドは友達の結婚式で言ったぐらいです。

女性向けでも健康系や転職系などといった硬い内容だと、丁寧な口調で書かなければならないためそっちは問題ありません。

むしろ女性向けでも健康系や転職系、旅行系は好きです。

だけど若いお嬢さん向けのオサレな記事が苦手なのです。

今日は単発案件で20代の女子向けのオサレ記事を書きましたが、若い女子が好むキャピキャピした言葉というか砕けた言葉が思いつきません。

私が書くとなんか硬ったい文章になるんですよね~。

「なんで引き受けたんだよ。バーカ(゚∀゚)」って感じですね。

文字数の割に単価が良かったんですよ。ええ。

私は前職がシステム系の仕事をしていたせいか、インターネット系や格安SIM、Officeの操作方法などの割と硬いジャンルで依頼を受けることが多いです。

なので、たま~に砕けたというか女子っぽいのを書きたくなるんですよね。

でもやっぱり筆が進まない…。

ライターなんでどんなタッチの文章でも書けるようになりたい!と思ってあえて受けてみましたが、「・・・・」って感じですね。

40近いBBAには若い娘さんの気持ちがわかりません。

教訓:よっぽどのことがない限り苦手なジャンルの仕事は受けない



■明日の作業予定
・1文字3円案件の構成案作成


◆7/20のお仕事:クラウドワークス5100円
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。