FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

130日:書くよりも調べている時間が好きだ

ひとりごと
08 /08 2017
私はそこまで書くことは好きではありません。

そのため、いただいたWebライターの仕事に対して「絶対にこうした方がいい」といったこだわりはありません。

クライアントの趣旨や要望に沿って淡々と仕事をこなすだけです。

むしろ調べている時間や、「読み手にとってこんな情報があるとうれしいかな?」とかあれこれ考えている時間の方が好きだったりします。

今も企画が通った後の原稿を書いていますが、集中力が途切れてきたのでブログ書いてます。

今週は10000文字前後の長文案件が多くて、書くのに疲れてるんですよ。

で、こんな時間まで仕事してるのも仕事が立て込んでいるからです。

今週はかなり立て込んでいるので来週はちょっとペースを落とします。

こんな暇があったら仕事すればいいんですけどね…。

私はそもそも書くことがそこまで好きではないので、最近増えてきたプロブロガーと呼ばれる方々のように「絶対こうすべき!」「ブログはこうあるべきだ!」という熱く語りたいことも書きたいこともありません。

むしろ「いやぁ~アンタはそうかもしれんけど、人によるんじゃね」と冷めた目で見てます。

読み手に強い説得力を与えるためにあえてそうしているのかもしれませんが、「あなた専門家じゃないよね?」とちょっと意地悪な気分になります。

ただし、ブログ収入だけで50.万円とか結果を出している方はすごいと思いますよ。

その人の主張が好きかキライかはともかく稼いでいることに変わりありませんから。

よくプロブロガーを非難する人がいますが、「主張がどうであれ結果をだしているからいいんじゃね。じゃあアンタその人と同じくらい稼げるの?」とまたまた意地悪な気持ちになります。

何が言いたいのかというと、詳しい調査が必要な長文案件を受けていて気付いたことですが、自分は書くことよりも調べることが好きだから、在宅で黙々と働くWebライターの仕事が続けられているんだなあと思いました。

WebライターのPCの前にひたすら座ってネットや本、電話で調査して、その調査した内容をひたすらまとめる単調なお仕事です。

座っているだけですが、頭を使うので意外と疲れます。

純粋にお金のことを考えるのだったら、外で働いた方が手っ取り早く稼げます。

だけど、書くことがそこまで好きじゃないのに何でこの仕事を選んだのだろう??ってちょっと疑問に思う部分もあったんですよね。

私は書くことよりも「へぇ~世の中こんなものがあるんだ」とか「これってこんな仕組みになってるんだ」とか知識を蓄えることが好きなんだということに今さら気づきました。

ちなみに特に熱い主張や書くことが好きでない私がブログを続けている理由は「月収20万円と達成するまで続ける!」という最初に決めたことを投げたくないからです。

あとは「続けてると何かいいことがあるかも?」というイヤラシイ下心です。

では今日はこの辺で


■明日の作業予定
・クラウドワークス専属案件作成

◆8/8のお仕事:0円
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。