FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びプロクラウドワーカー認定されました

Webライターの仕事
04 /19 2018
今日、再びプロクラウドワーカー認定されました。

昨年7月に認定が外れてから9ヶ月ぶりになります。

103日:プロクラウドワーカー認定が外れた

過去に登録されたときとちがい、2017年12月にプロクラウドワーカー認定基準が改定されました。

1. 納品完了率(固定報酬制) 90%以上(過去1年間)
2.総合評価 4.8以上(過去累計)
3.獲得報酬額 月間200位以内(過去1年間で1回以上)
4.スカウト数 5回以上(過去1年間)
5.コミュニケーション評価 4.8以上(過去累計)
6.プロフィール&自己PR 入力済(過去1年間)

出典:クラウドワークス


昨年の9~10月は結構サボったうえ、サグーワークスの方で仕事していたので、クラウドワークスであんまり働いていません。

また、1月後半と2月前半は確定申告に時間がとられて、全体的にあんまり仕事してません。

なのに認定されるのがちょっと不思議です。

確かはじめてプロクラウドワーカー認定されたときも、3ヶ月半程度で10万円ほどしか稼いでいませんでした。

プロクラウドワーカー認定

前回認定されたときの売上から見て、おそらくクラウドワークス2~3ヶ月間で合計10万以上稼いだら、プロクラウドワーカーに認定されるでしょう。

去年の7月にプロクラウドワーカー認定が外れたときは、審査期間中の2016/7~2017/3にかけてフルタイムで外で働いていました。

フルタイムで働いていたときは、Webライターは週末のみの副業でしかもサグーワークスを使っていました。

2016/7~2017/6にかけてのクラウドワークスの売上がほとんどなかったので、去年の7月にプロクラウドワーカー認定が外れたのかと思われます。

クラウドワークスの他のワーカーさんみてると、バリバリ働いているフリーライターさんも結構います。

「クラウドワークスの単価は低いのでライターは稼げない!」といった記事を見ますが、全体の単価が低いのでクラウドワークスだけを使って働いている人がほとんどいないのが真実に近いかなと思います。

私のような零細フリーランスもサグーワークスと併用してますしね。

ワードプレスの開設が終わって、グーグルアドセンスに通ったら、私もクラウドソーシングを使いつつ、メディアのライター募集に直接応募することを考えています。

移行後のブログでも、プロクラウドワーカーについて、もっと掘り下げた内容で書く予定です。

今日はこのへんで。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。