FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100%満足する職場はあった?会社員の日々~その1

外でのお仕事
03 /16 2017
あと6営業日で会社員の生活が終わります。

これで会社員生活が終わるかと思うと少しだけ感慨深いものがあります。

書くネタが思いつかないため、忘れないうちに会社員時代のことを今日と明日2回に分けて書いときます。歳をとると色んなことを忘れるので(´∀`*;)ゞ

新卒から数えて15年間、大手、中小、外資と渡り歩いてきて、非常に落ち着きのない会社員生活を15年間過ごしてきました。これといって自慢できるスキルも資格もありません。中途半端に職歴を重ねているので、色んなことが中途半端です。

ロクなスキルも資格もない私ですが、1つだけ確信をもっていえることがあります。

それは「100%満足する職場?そんなもんあるわきゃない(/∀\*)」ということです。

私が社会人生活をスタートしたの大手独立系SIでした。日本の企業なので福利厚生よかったです。良くも悪くも古き良き日本の会社でした。一番この会社が在籍期間長いくせにあまり覚えてません。→薄情だな。オイ(*゚ェ゚*)

安定はしてるけど他の同業他社に比べて非常に昇給率の悪い会社でした。2chでもそのことで叩かれています。辞めた理由は5年以上ヘルプデスクの仕事をしていると飽きてきて、若くてやり直しがきくうちに他の業界を経験してみたかったからなんですけどね。

で、次が中小の広告代理店です。ここでは制作部で編集ライターとして働いてました。この職種にありがちなんですが、裁量労働制を採用している企業がほとんどなので、徹夜しようが3週間連続出社しようが残業代が一切出ません。

仕事は制作の仕事は本当に面白かったです。慣れるとある程度自分のペースで進められる点も前職よりは良かったです。

しかし、前職とちがい「家賃補助?住宅手当?何それ?おいしいの?」というような会社だったのでお金は貯まりませんでしたw(゚o゚)w

また、心ときめく出会いもありませんでした。そりゃ~飲み会の誘いや「たまちゃん、彼氏いないんだったらいい人紹介するよ」といわれても、「ダルイ」「なんか面倒くさい」なんていって断ってたら、出会いなんてあるわけないっしょ。ねえ、バカなの?○ぬの(゚д゚)?

で、貴重な20代をムダにして気づいたら三十路。「やばい、貯金ないじゃん。結婚する予定もないよ。ど~しよう(;д;)」と珍しく将来について本気に考えて広告業界よりもお金になるIT業界に戻ることにしました

ブランクを経てIT系企業に戻ったため、結構この転職活動は苦労しましたが、記念で受けた某外資系メーカーの中途採用に応募したらサクッと受かりました。本当になぜ内定もらえたのか分かりません。人生最大の謎です(*゚ェ゚*) 職種はサーバのテクニカルサポートです。

入社してから2ヵ月間研修はあったのですが、かなり詰め込み方式でした。研修中に「サポートを担当する製品何したい?」と聞かれて「自分ブランクあるので、何でもいいっす(〃▽〃)」と答えたら「んじゃ~Oracleやってね~よろぴく~」と言われることに・・・。

「Oracle難しいじゃん。何の罰ゲーム(;゜0゜)?」って感じでした。選ばれた「理由は精神的にタフそうだから」とのことです。「か弱い私を捕まえてなんてこというのかしら。心外だわ(*`皿´*)ノ」と思ったものです。

ですが「インフラでOracleわかってると重宝されるよ~」という言葉に機嫌を良くして(単純だなオイ)ガチでにOracleに関しては勉強しました。あとOracleはUnixベースのシステムで、Unixがある程度わからないと話にならないのでこれも勉強しました。

しかし、ここ3年Windowsの仕事しかしてないのでOracleもUnixiも忘れてしまいました。

今やれと言われても「1ヵ月猛勉強するからちょっと待ってw(゚o゚)w」という感じです

あっ、外資系企業にいたというと大抵の人がすごくできる人をイメージしますが、外資といってもピンキリです。私は皆さんがイメージされる外資系金融のような高給取りになったことはありません(/∀\*)

年収も人並です。なんせあの天下のMicrosoft様の中途採用の年収が550~900万円なので、IT系では外資でもそこまでもらえません。

語学力も読み書き程度です。意外に思うかもしれませんが、語学力なくても面接のときに「入社してから勉強します。頑張ります。キリッ(*^_^*)」っていえば職種によっては採用されることもありますよ。私、TOEICのスコア500点ぐらいしかないし。多分、最近の平均スコアは580点ぐらいだったような気が…。

英語ができない人は英語アレルギーがあるかもしれませんが、実務に入ったらイヤでも慣れます。強いてコツがあるとしたら、英文を読むときは先頭から読む癖をつけることと、英文書くときは、英語のSVOCの基本構文を思い浮かべながらなるべくシンプルな文面を心がけることでしょうか。

今でも英文は辛うじて読むことはできますが、英文メールを書けといわれたら「Google先生を使わないとムリポ(゚△゚;ノ)ノ」って感じです。

続きはまた明日。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。