FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結構当たる?グッドポイント診断をやってみた

ひとりごと
03 /28 2017
今日、あるライターさんのブログをみてたらリクナビNEXTのグッドポイント診断が紹介されていました。

自分の強みをリクルートキャリアの独自のノウハウから客観的に診断してくれるそうです。リクナビ会員の80%が求人に応募する際にこの診断結果を一緒に添付する人がいるのだとか。

私もリクナビ会員ですし、ヒマだったので試しにやってみました。

診断した結果、私には次の5つの強みがあるそうです。

現実思考
あなたは、等身大の自分を軸にして、現実的にものごとを考えることができます。また、実際にものごとに取り組む際は、成果のみでなく、そこにいたるまでの努力の過程も大切にしています。夢物語にはあまり興味がなく、実際的なものこそ価値があると考えています。あなたにとって重要なのは、「今この時」であり、「現実」なのです。
あなたは常に具体的で現実的な提案を行い、実現可能な目標を定め、真摯に努力します。周りからは「地に足がついている」と表現され、その堅実性・実現可能性を評価されることが多いでしょう。



これは当たってますね。
ブログタイトルの「目標は月収20万」という数字は、以下の要素から出した数字です。

1.フリーランスライターの平均年収は300万。月収にすると25万円。一般的に紙よりもWebの方が単価が低い傾向にあるので月収は20万円がMAXなのではないか判断。

2.時給1600円の派遣社員で週5日働いたときの月収は25万6千円。そこから社会保険を引くと22万円ぐらい。で更にそこから交通費(※)、ランチ代などを引いた金額が17万円ぐらい。

フリーランスで働いて月収20万円になったときに社会保険料をひいた金額とだいたい同じくらい。外で働くわけじゃないし、交通費、ランチ代はかかりませんので。

※派遣社員の時給は交通費込みのケースがほとんどです。

3.ザグーワークスのプラチナライターで上位ランクの人は月収20万円を達成している。

月収20万円が楽勝と思ったら欲を出すかもしれません。しかし、それはまだまだ先の話です。

柔軟性
あなたは、好奇心旺盛で興味の範囲が広く、ものごとを柔軟にとらえることができます。また、突発的なできごとに対して臨機応変に対応することも得意です。何に対しても「もっとよいやり方があるはずだ」と考え、様々なアレンジを繰り返していくため、あなたの取り組みはどんどん進化していきます。あなたにとって、ひとつのやり方しか考えないことは悪なのです。
結果を出し続けていることが知れ渡るにつれて、周囲の人は改善したいことがある場合、あなたの視点やアイディアを求めるようになります。



これは微妙ですね。
外で働いていた時に必要に迫られなければ業務の改善提案なんてしませんでした。外で働いていた時の好きな言葉は「現状維持」でした。

ただでさえ、仕事がふられやすい方だったし、気づいたら仕事が増えていることが多かったので、これ以上仕事を増やしたくありませんでした。

しかし、好奇心旺盛な部分は当たっていますね。ライターの仕事を通して自分の知らない分野の知識が蓄積されるのは本当に楽しいです。

親密性
あなたは、常に謙虚な気持ちを持って人と接しています。内面についても話せる深い信頼関係を築くことを望んでおり、交際範囲を大きく広げることにはあまり興味がありません。
相手との距離感が重要と考えるあなたは、知り合って間がない相手に対してまずは適度な距離を置いて接し、互いにとって心地よい距離を探りながら丁寧に信頼関係を構築していきます。「控え目・礼儀正しい」など、評価されることも多いでしょう。
多くの人が集まる場ではおとなしく見られることが多いあなたですが、深い信頼関係を構築できた相手とは互いの思いや内に秘めたパワーをしっかりと理解しあえているはずです。



これは当たってます。
社会人になりたての頃、村治佳織に憧れてギターで弾けるようになりたいなあと思ってでギター教室にちょっとだけ通っていた時期がありました。

そこで、同じ生徒さんにいきなり初対面で自分のことを「マナってよんでよろしく~」って言われたことがありました。

人見知りな私は内心「えっ、いきなり呼び捨てですか。むしろ『マナさん』ってさんづけして呼びたくなるわ(゚д゚)」とひねくれまくったことを考えてました。

10年以上たった今でも馴れ馴れしい人は苦手です。もう少しフレンドリーな性格になったら世界が広がるかもしれません。これは反省です。

冷静沈着
あなたはいつも気持ちが安定しています。周りが盛り上がっているときにひとり冷静であることを楽しむ、そんな余裕もあるでしょう。
自分の感情を一定の状態に保つことができる人は多くないため、集団の中であなたの落ち着いた態度は際立ちます。周りの人は、あなたと過ごす時間が長くなるほど、常にものごとを冷静にとらえることができるあなたの発言や判断を信頼するようになっていきます。中には、あなたのそばにいると自分も穏やかでいられると感じる人もいるでしょう。



これは当たってるよな。当たってないような微妙です・・・。

結構、トラブルの時テンパってますし、クレームきたときに文句もキーキー言ってます。

あるとき職場の先輩から「お前は文句をキーキー言いながら仕事してる時が一番輝いてるよ。なんか楽しそう(゚∀゚)」などと不名誉なことを言われたことも。

「え~そうですか。はははヽ(´∀`)ノ」と答えておきましたが、内心は「別に楽しくねえわ。ボケ。何いってんのこのあんちゃん(♯`∧´)」と思ってましたよ。

ただ、先日まで勤めてた職場とその前の職場では「よく周りを冷静に観察してるから、たまにコワくなる」と言われることも。失敬な人畜無害でコワくないよ。観察はしてるけど。

決断力
あなたは、非常に思い切りよく決断を下すことができます。長時間考え込んでも良い結論にはつながらないと考えており、そのときに自身が最適だと考える明確な結論をスピーディに導き出すことを心がけています。周囲の人から、「よく考えたうえでの結論なのか」と確認されることもあるでしょう。それは、あなたが周りと比べて短時間で大胆な決断を下していることを示しています。
決断力を周囲に認められたとしても、あなたが現状に満足して止まってしまうことはありません。知識の吸収やデータの活用などを積極的に行い、決断力をパワーアップさせることでしょう。



これはよく人から「本当に考えた?大丈夫?」と言われますね。

私の家族や親戚が公務員、金融系が多いため、就職先にIT業界を選んだ時に「何それ?本当に大丈夫なのか?」と心配されました。特に地方に住む両親からみたら、何の職業なのかさっぱり見当がつかなかったようです。

単純に専門職だから給料が高めで1人暮らしでも十分やってけそうだし、文系の総合職は営業に回されるため、営業はヤダという理由で選びました。

しかし、正解でした。IT業界は残業が多いのでどちらかといえば男社会ですが、理不尽な男女差別はありません。他業界に比べて学歴差別、学閥もありません。外資行けば高卒でも出世できます。

また、上司も役職付きではなく「さん」づけで呼ぶ会社がほとんどでした。

残業が多いところを除けばフラットな業界で非常に居心地良かったです。オタクにも偏見ないし。ていうかむしろオタクの集まりか?

上手く説明できませんが、直感で「これいいかも!」と思ったものはあまり外しません。逆に迷いに迷った上で判断したことの方が、あとで後悔することの方が多いです。

長々と書きましたが、グッドポイント診断結構当たってました。30分かかると書いてますが、15分ぐらいで終わりました。

ヒマな人お時間のある人は試してみてはどうでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。